「HERMES (エルメス)」長財布

言わずと知れた高級ブランド「HERMES (エルメス)」。

数ある高級ブランドの中でもトップといっていいほどの
さすがのクオリティーです。

http://www.maisonhermes.jp

このお財布は30万ほどの価格ですが、

なぜ、この価格になるのか。
そしてなぜエルメスはいいとされているのか。

高級感あって、見た目もいいし、実際に高級ブランドだし、
という程度で買われている方がほとんどのように思いますが
中身を知るともっとすごいです。

まず、素材ですが、この写真の財布は牛革に型押しした財布です。
この牛革はフランス産の牛革を主にエルメスでは使っていますが、
牛革の中でもこのフランス産のものが一番いいとされています。
というのもフランスのものは革の繊維が密でしっかりしているのが
その理由です。

繊維がいいと製品にしたときに型くずれしにくく、長持ちするからです。
一見、似たような革はよく見ますが、中身は他の製品と雲泥の差です。
見た目は一緒でも長く使ってみてその差を実感できるのがこのエルメスの
製品です。

エルメスはフランスの著名なタンナー(皮を鞣す会社)傘下にいれています。
世界でもトップクラスの技術をもつ会社でそこの革を主に使っていますが
その中でも厳選された特A級の革を使用しています。

次につくりですが、細かいステッチが製品ではされていますが、これは
すべて手縫いで縫製をしています。手縫いでミシンと見間違うような
ステッチは特筆すべき点です。これは他の高級ブランドでも見られない点です。
手縫いをすることで強度がミシンがけと比べ、高まり、製品としてクォリティーは
上がります。

金具は一つとってもシルバーをベースにパラジウムメッキをのせ、ハイクォリティー
に仕上げています。
こう見ると素材やつくり、すべてにおいて一見、そこまで違いがないようにも
思うところでも素材やつくりで10年使ってみてはじめて違いが大きく差がつく。

それこそがエルメスの革製品の本質です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です